JKA設備・機器のご案内

  1. ホーム
  2. JKA設備・機器のご案内
  3. 平成22年度導入機器

平成22年度導入機器

平成22年度に 財団法人JKAの補助を受け導入しました機器をご紹介します。
これらの機器は、企業等の皆様が有料にてご利用いただけます。
各機器の空き状況や利用料については、担当部までお問い合わせ下さい。

太陽電池評価システム

太陽電池評価システム

メーカー
英弘精機株式会社
型式
SS-156XILシステム
仕様・性能
・測定可能サイズ:156mm(6インチ)四方までの太陽電池
・擬似太陽光の性能:JIS規格 トリプルA級 測定温度範囲:5~80℃
用途
本装置は、太陽電池に擬似太陽光を照射し、太陽電池の主電気特性であるI-V特性、変換効率等を計測するものです。
屋外を想定した動的な特性評価を行い、劣化特性や故障モードの解明が可能です。
担当部
機械電子部
精密万能試験機(制御装置の更新)

精密万能試験機(制御装置の更新)

メーカー
株式会社 島津製作所
型式
UH-F2000KNIR
仕様・性能
・最大レンジ:2,000kN
・試験力計測精度:JIS B 7721 1級相当
用途
試験力を6段階で設定することができ、最大2,000kNまで荷重を加えることができます。
LCD表示器にS-Sカーブをリアルタイム表示することができます。
データ処理ソフトを使用することで、試験条件・結果の保存ができ、試験結果についてはCSV形式に変換することができます。
また、再計算、再試験、追加試験を実施することができます。
担当部
機械電子部
機構解析ツール(人間動作シミュレーション)

機構解析ツール(人間動作シミュレーション)

メーカー
(株)シーメンス
型式
Jack
仕様・性能
・人体データベース、身体各部位の動作範囲生成機能
・視認性、操作性、腰痛、疲労度、作業姿勢の解析
用途
精密な人間モデルがデータベース化されており、CAD上で作成した工業製品の操作性や適合性、機器のメンテナンスのしやすさ、さらには
製造ラインでの作業効率や人体への負荷等がコンピュータ上で検証できます。
担当部
機械電子部
このページの先頭へ
このページの先頭へ ▲