JKA設備・機器のご案内

  1. ホーム
  2. JKA設備・機器のご案内
  3. 平成27年度導入機器

平成27年度導入機器

intro_cabian_img01

平成27年度に、公益財団法人JKAの補助を受け導入しました機器をご紹介します。

微小異物サンプリング装置

微小異物サンプリング装置

メーカー
株式会社マイクロサポート
型式
APSS-304
仕様・性能
観察倍率(モニター上の倍率):80~2600倍
最大搭載可能ワーク:幅60mm×長さ400mm×高さ55mm
顕微鏡フォーカス/試料ステージ/マニピュレータの分解能:0.1㎛
用途
材料や製品に混入した微小異物を採取し、分析試料台への受渡しを行える装置
です。
5~10㎛程度の微小な対象物も安定してサンプリングできますので、顕微IRや
電子顕微鏡での異物分析を精度良く行えます。
担当部
材料開発部
小型射出成形機

小型射出成形機

メーカー
サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社
型式
HAAKE Minijet Pro
仕様・性能
射出成形圧 : max 110 MPa
シリンダ温度 : max 450℃
金型温度 : max 250℃ (※液冷オプション:max 80℃)
サンプル容量 : 2~12.5 mL (※金型形状による)
金型形状 : 1A形試験片(JIS K7161-2)相当
用途
限られた量の樹脂材料を効率良く成形することが可能な卓上型の小型射出成形機です。
原料樹脂の選定や品質管理のほか、新素材の開発などにおいて力を発揮します。
成形パラメータ(シリンダ温度、金型温度、射出成形圧、射出時間、保持圧、
保持時間)の設定が可能であり、パラメータを管理することにより、成形品の
品質の差を最小限に抑えることができます。
担当部
資源環境部
3Dデジタルクレイモデリング装置

3Dデジタルクレイモデリング装置

メーカー
3D Systems社(米)
型式
Geomagic Freeform with Touch X
仕様・性能
入力フォーマット 3D:STL、OBJ、PLY、ZCP
         2D:AI、PDF、DXF、JPG、BMP、PSD
出力フォーマット 3D:CLY、STL、OBJ、PLY、ZCP、VRML
         2D:AI、PDF、DXF、JPG、BMP、PSD
用途
ペン型マウスで感覚を感じながら、専門の知識がなくても粘土感覚でモデリングできる3Dモデリングソフトです。
他のCADソフトで作成したデータや3Dスキャナ、X線CT装置等データの取り込みや編集を行うことができます。
担当部
機械電子部
このページの先頭へ
このページの先頭へ ▲